ホーム

平成27年度分の使用料分配について

2016年10月3日に総額約18億1千万円の使用料を分配いたしました。今回の分配の対象になる権利者の方々は、以下の出版社を介してすでに「貸与権管理委託契約」を結んでおり、かつ当センターがレンタル店に対して行った許諾実績(レンタル店で本が買われた)があった方が対象となります。

権利者の皆様への個々の分配は、権利者の皆様が各出版社と締結された上記「貸与権管理委託契約」の取り決めに基づき下記各出版社より順次行われます。

<今回対象となる分配仲介出版社(50音順)>

秋田書店、一迅社、潮出版社、エンジェル出版、宙出版、太田出版、海王社、
笠倉出版社、KADOKAWA、幻冬舎コミックス、講談社、実業之日本社、
集英社、集英社クリエイティブ、小学館、小学館クリエイティブ、祥伝社、
少年画報社、新潮社、スクウェア・エニックス、大都社、泰文堂、大洋図書、
宝島社、竹書房、中央公論新社、徳間書店、日本文芸社、白泉社、扶桑社、
双葉社、フロンティアワークス、ぶんか社、文藝春秋、芳文社、ホーム社、
ポニーキャニオン、マッグガーデン、リイド社、リブレ出版


※注意 著作権者の皆様へ

「自炊の森」という自炊業者の一種が自社のホームページ上で『著作権者への利益還元の取り組み』と称して著作権者向けの告知を行っている件に関して


 この「自炊の森」なる自炊業者の一種は、あたかも公正で適正な料金を支払うがごとく著作権等管理事業者である当センターの使用料規程に定められた貸与権の使用料同等額を著作権者に支払う旨、自社のホームページ上に掲示しています。しかしながら、当該事業者と当センターとは、一切関係が無く、当該事業者が勝手に「当センターの使用料規程を基にする」と述べているに過ぎません。
 著作権者の皆様におかれては、誤解の無きよう十分ご注意ください。

「貸与権」の委託契約をされていない権利者の方々へ

現在、権利者の皆様と結ばせていただいた「貸与権管理委託契約」に基づいてお預かりしている当センター著作物は約10万点に及びます。

権利者の方が使用料の分配をお受けになるには、まずは当センターとの「貸与権管理委託契約」の締結が必要となります。当センターに「貸与権」をお預けいただけていない権利者の皆様には、当センターと同契約を結んでいただくことをお願いいたします。契約の方法は、ご自身の本を出版している出版社を介して当センターと「貸与権」の管理委託契約を結んでいただくだけです。(※1)

お手数ですが、ご自身の本を出版した出版社に「当センターに「貸与権」を預けたい」旨ご相談ください。ご相談をいただいた出版社がすでに当センターと契約している出版社であれば当センターの「管理委託契約約款」と契約書の提示があるはずです。また未契約出版社の場合は、その出版社から当センターにご相談があると思います。その場合でも、当センターから責任をもってご説明させていただきます。(※2)


『私たちの「貸与権」-著作権者の皆様へ』

なお、「貸与権」の事をイラストと里中満智子先生の漫画でわかりやすく説明したパンフレット『私たちの「貸与権」-著作権者の皆様へ』がございますので、ご希望の場合は下記、センター事務局までメールまたはFAXでお名前と住所、連絡先電話番号を明記のうえご連絡ください。

  • (※1)出版社を介して当センターと契約を結ぶ複委任契約という形になります。
  • (※2) 「管理委託契約約款」は当センターホームページの資料欄からもご覧になれます。
センター事務局
出版物貸与権管理センター事務局
FAX:03-3222-5340
E-mail:taiyoken@herb.ocn.ne.jp