ホーム

 

著作者、出版社のためのRRAC電話相談窓口のご案内

出版物貸与権管理センターと出版ADRでは、共同で著作者と出版社の方のために、著作権や出版に係る契約上のトラブルの解消に向けたご相談に応じる電話相談窓口を開設しました。この相談窓口は、専門の相談員がアドバイスを行うとともに、希望される方には、出版ADRでの和解斡旋人(弁護士)による和解斡旋に関する申立て手続きについてのご相談にも応じています。

※「一般社団法人出版ADR」は、著作者と出版社間の著作権や契約上のトラブルを解消するため、著作者と出版社の両者で設立された公正中立的な組織です。出版ADRの和解斡旋人(弁護士)がトラブル当事者の両者に「和解」を斡旋することでその解決を目指します。申請には下記の電話相談窓口で事前相談を受けていただいたうえで申請費のお支払や必要書類のご提出等が必要となります。詳しくは下記電話相談窓口あるいは事務局(問合せ専用03-3556-9177)にお問い合わせください。

毎月(2回)第3水曜 第4水曜 午後1時~午後4時まで

相談専用電話番号 03(3222)9055


<相談にあたっての注意事項>

一般の方のご相談は受け付けておりません。
祝祭日と8月およびセンターが業務を行わない日は休止です。
電話相談は一切無料です。
匿名でのご相談はお受け出来ません。
著作者の場合は本名、ペンネーム、連絡先住所と電話番号、出版社の方の場合は、氏名、出版社名、連絡先を明らかにした上でご相談ください。
回答はあくまでもアドバイスです。また、内容によっては、ご相談や出版ADRへの申請をお受け出来ない場合もございます。
注)出版ADRで扱わない事案例
いわゆる自費出版に係る紛争/法人間(内)での紛争/私人間紛争/表現・言論の自由等主に著作物の表現 内容に係る紛争/裁判所、弁護士、他のADRあるいは権利者団体などがすでに受理している紛争/等
出版ADRへの申請については、申請費10,800円(税込)が必要となります。
ご相談をお受けしている最中は、他のお電話をお受けすることが出来ません。電話がつながらない場合は、しばらく経ってからおかけ直しください。
この他:ご自身の電話回線がデジタル回線であることが必要です。